布団おすすめランキング!【人気の敷・掛け布団】ふとん万歳!

*
布団営業の女性

あなたに最適な布団を紹介します!

必見!最高の布団をお探しの方へ!
本当に自分にあった布団は、近所の量販店ではなかなか見つかりませんよね。布団を変えただけでビックリするほど肩こりや腰痛が改善したり、毎日の生活が気分良く過ごせるようになったりするものです。 当サイトでは、毎日ぐっすり眠るための布団をランキングで紹介します!

※あなたは本当に快眠できていますか?
通常の布団では、眠っているときに肩や腰に負担がかかっています。そして姿勢を保持するために、無意識でいつもどこかに力が入っており、体への負担が多くなってしまいます。理想は長時間寝ても体が楽な布団です。

おすすめ布団総合ランキング!


★★★★★
おすすめ!大人気の敷布団

性能、寝心地など多くの点で高評価!テレビや雑誌など多くのメディアで紹介された話題の敷布団です。17cmの極厚で雲の上に寝ているような感覚が◎!寝つきの悪い方、腰痛持ちの方に最適です。

 
当サイトが雲のやすらぎを勧める理由!
快適な眠りのために一番重要なのは、どの"敷布団"を選ぶかであり、雲のやすらぎは他の敷布団に比べて、明らかに見た目からして違う特殊な敷布団です!全身の負担をクロスに逃がす新発想で、日常の疲れや腰痛をかなり軽減して理想の睡眠に近づけます。一般的な寝具売り場では絶対に販売していない、通販ならではの特別な商品です。

★★★★☆
試す価値あり

自社工場で一枚ずつ手作りしたフカフカの洗える布団。丸洗いによってアレルギー対策にもなる寝具です。布団の種類や中綿、側生地素材からも選べるのもうれしい。新生活での布団買い替えにおすすめ。

 
★★★☆
おすすめの掛け布団

話題の敷布団「雲のやすらぎ」と同時に開発された高機能の超軽量かけ布団。 モニター満足度も抜群に良く、「ダニが住めない布団」として、特に冷え性の方やアレルギー体質の方に人気大。

 
     
毎日熟睡しているように思っていても、実際には浅い眠りの方が多く、疲れがとれないまま生活しているケースは非常に多いのです。毎日のことだと考えると、これは本当に損をしています。
安眠に最適な布団はこちら

   

【敷布団】雲のやすらぎ 体験談②↓↓※随時追加

 
雲のやすらぎの体験談です
【体験談口コミレポ】
Fさん(30歳 男性 都内営業)

  • 現在までの使用期間:2年くらい

>> 少なくとも後悔することはないです


今はそれほど感じなくなりましたが、購入して使い始めた当初は、「あっこれは違う」と感じました。私は以前から高めの布団を使用しておりましたがそれと比較すると、特筆してここがイイ!というよりも、全体的に心地よさがアップした感じです。違和感は全く感じません。

私が思うのは、布団のように毎日使うものは「違和感」を感じないことが重要だと思っています。硬くて腰が痛くなるものや、湿気を吸いやすいもの、寝返りがうちにくいものなどはよくないです。

例えば、巷で人気のトゥルースリーパーなどは、以前店舗に行って試しに寝てみましたが、「沈んで寝返りがうちにくそうだな」と感じました。人気の低反発敷布団ですし、それなりに気持ちよさはあるのですが、寝返りの点で違和感があったので購入はやめました。

その意味でも「雲の安らぎ」は、毎日「違和感を感じない」という自然な快適な状態が保てているので、購入して全く後悔はありません。丈夫な作りなので費用対効果も高いと思います。

安くはないので友人などに無理にはすすめたことはありませんが、敷布団を探している人にはおすすめします。少なくとも後悔することはないと思います。


【掛け布団】陽だまりの休息 体験談↓↓※随時追加

 
陽だまりの休息の体験談です
【体験談口コミレポート】
トクさん(52歳男性 会社員)

  • 現在までの使用期間:1年くらい

妻が購入して気に入っていたので


ホントに「陽だまりの休息」という名前の通り、ぐっすりと眠れます。今まで寝付きが決していいとは言えなかった私なのですが、陽だまりの休息に出会ってからは、以前よりも眠れるようになりました。

冬の時期は、寒い部屋の中でも日向ぼっこをしながら、ウトウトとしているような感じになります。

おすすめ掛け布団
最初は家内が使い始めました。家内も仕事をしており疲れが取れにくく寝付きがよくないタイプです。しかも、肌が敏感なせいか、今までの布団では肌荒れがひどくなったりと、寝ること自体に苦痛を感じていた人です。

知人のツテで陽だまりの休息を買うことになったのですが、届いてその夜からぐっすり眠れたようです。アレルギー体質の彼女が何も問題なく就寝できできていたので、ホントにおすすめ布団なのだろうなということで、羨ましくなって私や子供も購入しました。

疲れた身体を開放してくれる布団


息子は寝像が悪く、すぐに布団はグチャグチャというのも悩みの種。しかし、この布団を使うようになってからは、それも殆どなく、「一体どんな布団なんだろう?」そんなことも思うようになりましたが、難しいことは考えずに結構安眠できているようです。

陽だまりの休息は、今まで使っていた布団とは違ってすごく軽いこともいいですね。特に寒い冬の時期は、重たく冷たい布団に入ることさえ面倒になり、コタツで寝ていることが多かったのです。

しかし、それだと疲れが取れにくく深い睡眠は取れません。だからこそ、陽だまりの休息がありがたく感じています。

私的には納得プライス


また、晴れた日には日干もこまめにやっているのですが、その後の夜は健やかな眠りが倍増する感じです。値段はかなり高めに感じるのですが、このレベルで安眠が保証されるなら、私的には納得プライスです。

布団の違いでこんなに眠りの深さが変わってくると思うと、人にもこの布団をおすすめしたくなります。

実家にいる私の親にも奨めると、最初は値段の高さに購入を渋っていましたが、結局購入すると、その後はとても朝の目覚めがスッキリして喜んでいたので、この布団をおすすめして良かったなと思っています。

悩みは旅行に行った時に、旅館の布団で眠ることができるかということくらいですね(笑)

結論!陽だまりの休息は結局どう?

良かった点は?
特に寝心地がいいことです。おすすめです。
微妙だった点は?
ありません。

総合評価:95点


寝心地のいい敷布団とは?


 
おすすめ布団で寝る女
「適度な硬さと厚みがあり、柔らかすぎずクッション性もあるのにへたりにくい」こんな敷布団が寝心地のよい条件になります。体圧分散式のものは、理想的な寝姿勢をしっかりキープできるので人気が高いです。

素材に関しては、木綿のものは吸湿性は優れていますが、放湿性は劣ってしまうというデメリットがあります。天日干しをしっかりすることで解決しますが、こういった定期的なメンテナンスは必要になってきます。

また、羊毛だと保温性に優れている上に、吸湿性と放湿性に適しています。さらにはホコリも寄せ付けにくいという面もあり、敷布団にはよい材質であると言えます。普通の固綿敷き布団の上に羊毛の布団を敷くという方法もとっても寝心地のよい状態になるようです。

上に敷く羊毛布団は、ベッドパットのような薄手のものではあまり意味がありません。 キルティング部分などの盛り上がりがきれいに出ているようなほどほどの厚さを選んでみましょう。

※快適な布団や枕などの寝具用品はクリスマスプレゼントにも最適です。

また、保温性の点では、掛け布団の方が重要視されることが多いと思いますが、実は敷き布団1つでも、保温性の高いものを選ぶだけで、寝ている間中血行が良くなる保温力があるものもあります。やはりそれは、敷き布団に使用するウールの品質にもよります。中綿のウールの品質がしっかりしたものを選ぶようにしましょう。

寝心地の良さはもちろん人それぞれであると言えますが、信頼できる寝具店を見つけて、自分のこだわりを伝えてみるのも、寝心地のいい敷き布団と出会える近道であると言えます。
     

最新記事