快眠枕のおすすめと選び方【※注意】

*
TOP > 布団コラム > 快眠枕のおすすめと選び方【※注意】

快眠枕のおすすめと選び方【※注意】


寝心地のよい枕はすごく重要!

 

快眠枕で寝る女性

一日のうちの三分の一は眠っている時間、そう考えると、快適な眠りのための環境というのはとても大切です。布団の選び方が大切なのはもちろんですが、ぐっすりとよく眠るためには自分に合った枕を選ぶことがとても大切になります。
 

自分に合っていない枕を使用すると、肩こりが起こったり頭痛の原因になることも考えられます。
 

快眠するための枕選びで大切なポイントは、まずは寝心地がよいことです。実際に頭を乗せてみた時に違和感があるものはその時点で合わない枕ということで、理想的なのはまったく意識することなく楽に呼吸できる枕であることです。
 

そして枕は頭に触れたままになるので熱がこもりがちになります。頭部の温度が上がり過ぎると脳の機能が低下してしまうため、快眠するためには通気性がよく、放熱性が高いことがとても大切です。
 
 

寝返りの邪魔になる枕はダメ

 

人間は眠っている間に何度も寝返りを打ちます。寝返りを打つことには床ずれやうっ血などを予防する効果があり、一晩の間に何度かは寝返りを打つものです。
 

寝返りを打つ際に邪魔にならないように、中身が偏ってしまうような枕はよくありません。そして枕の幅も寝返りのことを考えて、肩幅よりも広いものを選ぶのがおすすめです。
 
 

首の後ろの隙間を埋める枕がおすすめ

 

眠っているときに一番負担のかからないのは、自分が一番楽な姿勢で立った時そのままの姿勢で横になった状態だと言われます。
 

人間の首はまっすぐではなく緩やかなアーチを描いている状態なので、あおむけに寝た時には、首の後ろに3センチから4センチ程度の隙間ができてしまいます。
 

その隙間の部分をちょうどよく埋めてくれるのが、その人にとって一番合った枕の高さになります。
 

最近は昔ながらのそば殻などを使った天然素材の枕から低反発枕など、素材も様々なものが市販されています。快眠するための枕を選ぶ時には、実際に頭を乗せてみて寝心地を確認してから購入するのがおすすめです。
 
寝返りしやすいオススメ快眠枕はこちら
 
 

長いロングサイズ枕はダメ!?

 

一昔前に流行ったロング枕ですが、これは全くおすすめできません。カップルで仲良く寝るのに丁度いいイメージがありますが、枕は一人に一つ自分に合ったものを使うのが一番です。
 

またロングサイズの枕を抱き枕として使う方もみえますが、これもおすすめできません。寝相が悪くなるだけです。

快眠枕のおすすめと選び方【※注意】関連ページ

布団丸洗いおすすめクリーニング厳選1社!【丸洗いでもダニは死なない?】
布団のクリーニング丸洗いについて   家庭での布団のダニ対策は、どうしてもいたちごっこになりがちです […]
布団のダニ対策の注意点!【※オススメの防ダニ加工の布団】
布団のダニ対策の3ポイント   布団のダニは放っておくと、アトピーやアレルギー性鼻炎に繋がりますし、 […]
敷き布団選びで重要な3つのポイント!
※敷き布団選びに迷ったら?! 選ぶポイント1:大きさ 選ぶポイント2:柔らかさ 選ぶポイント3:素材 &nbs […]
掛け布団選びの3つのポイント!
※掛け布団選びに迷ったら?! 選ぶポイント1:軽さ 選ぶポイント2:あたたかさ 選ぶポイント3:洗いやすさ & […]
敷布団の種類と特徴(メリット・デメリット)
敷布団は重要です!   人生の三分の一は睡眠だと言われるくらい、人間にとって睡眠はとても重要なもので […]
簡単な羽毛布団の選び方!(元家具屋Y.I.さんの話)
羽毛布団について(by Y.Iさん)   私が家具屋さんで接客していた時の豆知識をお話しします。羽毛 […]
腰痛対策布団の特徴!【重要】
寝返りを打ちやすい布団がいい   2足歩行の人間は、背骨の形が横から見るとゆるやかなS字カーブを描い […]
布団のクリーニング丸洗いの効果【放置はキケン?】
毎晩200CCもの汗をかく!   人間は眠ることで疲れをリセットするとともに、体の代謝がスムーズに行 […]
掛け布団おすすめと注目ポイント【※後悔しない布団】
吸湿性の良い素材の掛布団   人間は眠っているときにたくさんの汗をかくため、快適に眠ることのできる掛 […]
敷布団おすすめと選び方【肩こり腰痛に注意!】
敷布団の硬さは重要です   快適に眠るための理想的な敷布団の選び方で大切なポイントは、敷布団の硬さで […]

TOPへ